医療法人瑛和会 眼科かわさき貴子クリニック

福岡市中央区の眼科 眼科かわさき貴子クリニック

〒810-0062 福岡県福岡市中央区荒戸1-1-3 大濠ジョイビル一階
TEL 092-737-7171

緑内障治療について

緑内障治療について

緑内障治療の基本は目薬ですが、眼圧がしっかり下がらない場合や、眼圧が下がっても視野障害が進行する場合には、レーザー治療や手術療法を検討します。

当院で行っている「SLT」というレーザー治療は、眼内のお水の出口である「線維柱帯」という部分にレーザーを当てて、水の流れを改善して眼圧を下げるものです。治療時間も10分程度と短く、体への負担はありません。

治療可能な方かどうかは、効果が出ない方も2-3割あると言われているので医師の診察により決まります。

 

SLTとはどんな治療?

SLTは、目詰まりした線維柱帯に低エネルギー短パルスのレーザーを当てて房水の流れをよくするレーザー治療です。線維柱帯にたまった埃をはたくイメージです。眼内構造に損傷を与えず、副作用もほとんどありません。

点眼薬のように毎日実施する必要がなく、患者さんの負担が少ない治療です。

 

SLT治療Q&A

SLTはどれだけの期間効果があるの?
初めて緑内障として治療を始める場合は、1度のレーザー治療で平均3年の持続効果が期待できます。しかし、約8割は眼圧下降が見られますが、約2割は眼圧下降が見られません。

SLTで効果が得られなかった場合はどうするの?
点眼や手術など、別の方法で緑内障の治療を強化します。

SLTの副作用は?
レーザー治療をおこなった数日間は、結膜が赤くなったり、かすんで見づらくなったり、目や頭が少々重く感じることがあります。しかし、1週間程度で症状は治まります。
※稀に(数百人に一人)SLTを実施したことにより、眼圧が上がる場合があります。

SLTの治療費はどれくらい?
保険適用されるため3割負担の方で、約30,000円のレーザー治療代が必要です。(2020年3月現在の診療報酬金額より)
※手術に相当する治療なので、加入している生命保険によっては給付対象になる場合があります。詳しくは生命保険会社にお尋ねください。

SLTは痛いの?
点眼麻酔をし、目に医療用のコンタクトレンズを装着してレーザー治療を行います。きちんと麻酔が効くので痛みはありません。

SLTの治療時間は?
患者さんの状態や治療範囲によって多少異なりますが、通常5~10分程度で終了します。

入院は必要なの?
通院で治療ができるため、入院の必要はありません。

生活で注意すべきことは?
日常生活に制限はありません。レーザー治療の当日も普段通り入浴、洗髪が可能です。